2011年10月25日

朝露いっぱいのミツマタ、固い実のミヤマカイドウ



ミツマタ・コウゾは紙の原料になると聞いていましたが
ミツマタが朝露がいっぱいです。

枝が3つに分れることからミツマタの名の由来とか。

蕾をつけていました。

朝露いっぱいのミツマタ、固い実のミヤマカイドウ



ミヤマカイドウは野鳥に取られることなく、いつまでも実をつけているので
触って見ると固いです。こんな固いのでは野鳥も啄みませんね。
それともあまり美味しくないのかも。

朝露いっぱいのミツマタ、固い実のミヤマカイドウ




切り詰め残った枝から花を咲かせているのはボケです。後方に黄色の実があります。
ボケの実がよい匂いがしますね。

朝露いっぱいのミツマタ、固い実のミヤマカイドウ







※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
朝露いっぱいのミツマタ、固い実のミヤマカイドウ
    コメント(0)